読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺が・・・跳ね上げる!

好きなようにつらつらと書き連ねるブログ。技術だったりグルメだったりゲームだったり。

Webページをモバイルフレンドリー(モバフレ)対応にしました

おはこんにちばんは、どうも、ゆうです。

 

完全なレスポンシブウェブデザインってわけではないんですが、

バイルフレンドリー(以下モバフレ)対応しました。

 

モバフレ対応する場合、

幾つかある方法があると思いますが、

今回はCMSWordPressなど)を使わずにhtml5 + css3 + js + phpの環境に対して既存のページのままで対応を行いました。

 

モバフレ対応のメリットは?

スマホAndroid iPhone)でGoogle検索を行った場合に、

スマホ対応」と表示されるのと、

スマホ検索におけるページランキング(スマホ対応行ってる方が優遇される)に影響します。

 

 

そもそもどうやったらモバフレ対応になるの?

モバイル フレンドリー テスト

で「問題ありません。 このページはモバイル フレンドリーです。」

と表示されれば良いです。

バイル フレンドリーではありませんと表示された場合は?

対応時に色々調査した結果、

PageSpeed Insights

のユーザーエクスペリエンス(以下UX)で80点以上が条件のようです。

ですので、「修正が必要」に全て対応する必要はありません。

Insightsでは細かく指摘してくれるので、

順に従っていけば良いでしょう。

 

UXの指摘で、「viewport の設定」となった場合、

<meta name=viewport content="width=device-width, initial-scale=1">

を提示されますが、

どうしても都合が悪い場合は、

<meta name=viewport content="width=サイズ">

として諦める方法も一つの手(サイズは数値のみ記載すること)です。

「viewport の設定」が指摘されたままでもモバフレ対応を行うことは可能です。

ただし、このサイズに関しては980以下にすることを推奨します。